Photo : エル・ファニング


誌名が同じ名前なので、まるで自分の雑誌のようなエルのUK版2月号のカバーとグラビアに登場したエルたんです…!!、同誌のインタビューによれば、誰彼となく友だちにできるタイプではないので、友人の多い人を見ると嫉妬してまうけれど、エルたんとしては気心の知れた仲のよい少数のお友だちと一緒にいるほうが居心地いいそうです!!






Popular Posts Top 10

RANDOM POSTS

HEADLINES from CIA