Photo : 第89回アカデミー賞に計6部門でノミネートされた「ライオン」に出演していないのに、最優秀助演女優賞の候補に選ばれた奇跡の名誉を、同映画を製作したワインスタイン・カンパニーに讃えられてしまったナオミ・ワッツ ! !



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「21グラム」(2003年)と、ファン・A・バヨナ監督の実話の映画化「ジ・インポッシブル」(2013年)とで、それぞれ最優秀主演女優賞の候補にあげられたナオミ・ワッツほどの有名な女優ともなると、ご覧のように、もはや、自分が出演しなくても、オスカーの候補に選ばれてしまいます…!!、Read more の後で、第89回アカデミー賞に計6部門でノミネートを果したうち、出演していないナオミ・ワッツが最優秀助演女優賞の候補にまで選ばれた「ライオン」の本編シーンのクリップをご覧ください…!!





ナオミ・ワッツとニコール・キッドマンは共にオーストラリア出身の大の親友同士ですが、同一人物ではありません…!!、「ライオン」を製作したワインスタイン・カンパニーは、ナオミ・ワッツがオスカーの候補に選ばれた!!と鼻高々だけに、実はナオミ・ワッツを起用したつもりだったんでしょうか…?!




Follow CIA on


Popular Posts Top 10

RANDOM POSTS

HEADLINES from CIA