Saturday, November 19, 2016

Photo: 人権派の政治家クロエ・モレッツちゃんの最新主演作が、同性愛をテーマにした青春LGBTQIA映画「ザ・ミスエデュケイション・オブ・キャメロン・ポスト」に決定 ! !


今夏7月末の民主党全国大会でも、同性愛者の権利を主題にして、性差別の人権問題について演説を行った19歳の政治家が、どうして、同性愛にこだわるのか?!の理由は、あえて書きませんが、レズビアンの主人公を演じることになりました…!!






ロード・アイランド・カレッジの助教授のエミリー・M・ダンフォースが、2012年に発表した同名のデビュー小説を映画化する「ザ・ミスエデュケイション・オブ・キャメロン・ポスト」で、クロエ・モレッツちゃんが主人公のキャメロンを演じることが決定しました…!!


やはり、同性愛をテーマにした「アプロプリエート・ビヘイバー」(2014年)に自ら主演したデジレ・アッカバン監督がメガホンをとる青春LGBTQIA映画のお話は、1993年を舞台にして、主人公キャメロンが同性の恋人との深い関係を周囲に知られてしまったことから、その同性愛の人格を矯正するセラピーを受けるハメに…。クロエ・モレッツちゃんのお相手をつとめる共演者の恋人役は、シャイア・ラブーフと共演した「アメリカン・ハニー」(2016年)で注目を集めたサッシャ・レーンです…!!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...