Sunday, October 9, 2016

Photo:マイク・ミルズ監督の最高傑作「20世紀の女たち」が、ニューヨーク映画祭のプレミア上映で大絶賛の喝采を博しちゃったエルたんとアネット・ベニング ! !


エルたんの写真を昨日、紹介して告知しておいたように、名作「ビギナーズ」(2010年)のマイク・ミルズ監督の待望の最新作「20世紀の女たち」の世界初公開のプレミア上映が、現地のリンカーン・センターのアリス・タリー・ホールでも、もう昨日の10月8日(土)に、ニューヨーク・フィルム・フェスティバルの目玉プログラムとして行われた結果、ほぼ完璧に近い絶賛の高評価を博した主演女優のアネット・ベニングと、複雑な美少女の役を演じて、強い印象を残したエルたんです…!!



これでアネット・ベニングが来春の第89回アカデミー賞の最優秀主演女優賞の獲得を目指して争う候補に含まれるのは間違いないかなと思われますが、さて、エルたんも、ついにノミネートを果して、最優秀助演女優賞を狙えるのか…?!、マイク・ミルズ監督史上最高傑作に位置づけられそうな「20世紀の女たち」は、北米で年末の12月25日にメリー・クリスマス限定公開のあと、来年2017年1月20日から全米新春ロード・ショーの予定です…!!


上 ↑ の写真で、アネット・ベニングとエルたんに挟まれているのは、またまた傑作をモノにしてしまったマイク・ミルズ監督!!、下 ↓ の写真では、共演者のビリー・クラダップと、新人のルーカス・ジェイド・ズーマン君が一緒です…!!















Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...