Thursday, September 8, 2016

Photo : 第二次大戦時の沖縄を舞台にした実話の映画化「ハクソー・リッジ」が、ヴェネツィア映画祭のプレミア上映で、絶賛の拍手が鳴りやまなかったアンドリュー・ガーフィールド ! !


メル・ギブソン監督が「アポカリプト」(2006年)以来の10年ぶりにメガホンをとった戦争実話の映画化「ハクソー・リッジ」(11月4日全米公開)が、第73回ヴェネツィア映画祭でのプレミア上映後、スタンディング・オベーションの拍手の渦が約10分間も続き、実在の人物に扮した演技が称賛されたアンドリュー・ガーフィールドです!!、となれば当然、オスカーにも絡みそうですが、メル・ギブソン監督の人格に対しては、引き続き、厳しい見方があるだけに、果たして、高評価が公けのものとして認められるか、どうか…?!は微妙で、まだ何とも言えません…。監督の私生活の問題と、創作物の映画とは別に考えてもらえるとよいのですが、せめて、アンドリュー・ガーフィールドの仕事は認められてほしいですね…!!











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...