Photo : 女優デビュー20周年めの同窓会で感激のシャーリーズ・セロン ! !


右隣にいらっしゃるパープルのネクタイのジョン・ハーツフェルド監督に起用された当時19歳の彼女が、女優として初めて演技をしたという意味でのデビュー作「トゥー・デイズ・イン・ザ・ヴァレー」が、1996年の封切りから今年2016年で、ちょうど20周年になるのを記念し、先週末の金曜日(7月8日)に、ニューイーハウス・ハリウッドで催された出演者が再び集う同窓会イベントに出席して、感激した帰りのシャーリーズ・セロンです!!、同デビュー作の撮影中は、まさか将来、自分がオスカー女優と呼ばれるまでになるとは到底、思ってもいなかったでしょうね…!!









Popular Posts Top 10

RANDOM POSTS

HEADLINES from CIA